専門性を磨きながら
高い意識をもって弁護士業務に
取り組むことができます

弁護士
髙野 文幸Fumiyuki Takano
労働ドメイン

入所理由

アディーレへの入所を考えたのは、それまでは比較的小規模な事務所で勤務していたため、大規模に事業を展開している事務所で仕事をしてみたいと考えたからです。

アディーレに入所してみると、想像していたより多くの人々が一緒に仕事をしており、迅速かつ適切に案件を処理していく姿に大変驚きました。小規模な事務所では考えられない数の案件を処理していくにあたり、ともすると依頼者の方とのコミュニケーションを蔑ろにするのではないかと危惧したこともありました。しかしながら、弁護士・事務員のいずれも、依頼者の方とのコミュケーションを大切にして案件に取り組んでいることを目の当たりにし、今では自分もアディーレの一員として、より多くの困っている方々に寄り添う形でお役に立つことができているのではないかと自負しております。

また、アディーレでは特定の分野を掘り下げて仕事をすることができる点も、入所した理由の一つです。前職の事務所では様々なジャンルの事件を担当してきました。建築関係の事件、マンション管理組合関係の事件、企業間の紛争事件、家事事件、労働事件、刑事事件、行政事件など経験させていただきましたが、事件の種類が多岐にわたり、事件数もそれなりにあったため、特定の分野を掘り下げ、「この分野であれば自信がある!」というものが持てずにいました。

アディーレでは、特定の分野を掘り下げて仕事ができる業務体制が整備されており、特定の分野で誰にも負けない専門性を獲得することが可能です。私も、現在労働事件を扱う部署に配属されており、より高いスキルに裏打ちされた専門性を獲得すべく日々努力しております。

現在の業務

私は、現在、労働事件を専門として扱う部署(労働ドメインと呼ばれています)の責任者たるドメイン長という立場におります。「会社のために長い時間残業をしてきたのに、会社が残業代を払ってくれない」とお困りの労働者の方々のために、会社に残業代の支払いを求めていくというのが、労働ドメインの主な仕事です。そして、依頼者の方々が、より早期に、より納得される金額の残業代の支払いを受けることができるよう、労働ドメイン全体の仕事のやり方を改善していくことなどが、ドメイン長の仕事として求められます。

しかしながら、ドメイン長であるということで、個々の案件を担当しないということはなく、私自身も案件を担当し、依頼者の方のために日々奮闘しており、会社ないしその代理人との協議交渉、労働審判や通常訴訟の出廷もしております。会社から残業代が支払われ、依頼者の方に喜んでいただけたときに、何よりもやりがいを感じます。

私のみならず、労働ドメインに所属する他の弁護士および事務員も、何とかしてお困りの労働者の方々のお役に立ちたいとの気持ちで、懸命に仕事に取り組んでおります。依頼者の方から、単に案件処理に必要な範囲でお話を伺うというのではなく、お気持ちを汲み取りながら、より良い形で案件を解決するべく努力を惜しみません。

大規模事務所の特徴として、多くの方々からご依頼を受けており、効率性だけを追及した案件処理をしているのではないかとも思われるかもしれません。上記のような姿勢の弁護士と事務員が一体となって、個々の案件に取り組んでおりますので、依頼者の方に寄り添う形でお役に立つことができているものと確信しています。

メッセージ

メッセージ

これまで弁護士として仕事をされてきたなかで、日々の案件処理に忙殺され、「やりがいを感じない」とか、「このまま与えられた案件を、日々漫然と処理していくだけで良いのか」などと疑問に感じている方もいらっしゃると思います。

私自身も、その1人でした。前職の事務所でさまざまな経験をさせていただき、大変感謝しておりますが、このまま弁護士として仕事を続けるモチベーションを維持できるのか不安を抱いていたのです。環境を変えるべく、「大規模事務所で働いてみたい」、「専門性を獲得したい」と思い立ちアディーレに入所したところ、前職の事務所では比較にならない数の相談者の方々に触れ、より多くの方々のお役に立ちたいとの気持ちが沸き上がりました。そして、そうした方々に喜んでいただくことにやりがいを感じながら、いまも弁護士として仕事を続けられています。また、専門性を磨きながら仕事ができるので、従前より高い意識をもって弁護士業務に取り組むことができていると実感します。

 
弁護士は、一般的に案件を1人で扱うことが多いと思いますが、アディーレにおいては、さまざまな弁護士や事務員と関わり合いながら案件に取り組みます。そのため、個々の案件処理における疑問について他の弁護士から適宜助言を受けることができ、その積み重ねによりスキルを向上させることができます。

アディーレが大規模事務所だからといって、大量の事件の効率的処理を至上命題とし、やりがいや専門性の獲得、スキルの向上を望めないということは決してありません。アディーレに入所され、大規模事務所であるが故のやりがいを実感していただき、ご一緒に仕事をさせていただくなかで、弁護士として切磋琢磨できれば幸いです。お待ちしています。