好きな仕事と大切な家族に、
時間と情熱を注ぎたい

事務員
小林 洋文Hirofumi Kobayashi
顧客相談部 ドメイン運用課 課長 

明確なキャリアパスを描ける
人事評価制度がマッチ

アディーレには、悩みを抱えたお客さまにスムーズに対応すべく、さまざまな部署があります。その中でも、私はご相談予約の管理やアフターフォロー、ご依頼を希望されたお客さまとの契約書類の取り交わし業務を行う、顧客相談部のドメイン運用課に所属しています。担当する案件は主に、交通事故被害・家事事件(慰謝料請求など)・労働トラブル(残業代請求・退職代行など)・B型肝炎の給付金請求です。また、世の中にどのようなニーズがあるのかを分析し、一人でも多くのお客さまに「アディーレ法律事務所に相談・依頼したい」と思ってもらえるようなサービスの検討・企画も行っています。

実は、前職でも法律事務に従事していたんです。当時は、個人が経営する小規模な法律事務所に在籍していたのですが、「より多くの困っている人々の力になりたい」と思い、大手の法律事務所を転職先に探していたところ、たまたま見つけたのがアディーレでした。世間に名前が広く認知されていること、そして、当時の面接官の方がただ話を聞くだけでなく、社会人として役立つ話までしてくれて、「ここで働きたい」と本心で思えたことから、入所を決意しました。

アディーレに入所して9年目になりますが、社歴や年齢に関わらず、自身の頑張り次第できちんと評価してもらえるなど、所内の人事評価制度が正しく機能している点が、自分に合っていると感じます。私は一般職として入所しましたが、通常業務とは別に、業務の効率化を図るための企画の提案などを積極的に行っていました。その姿勢が評価され、今ではひとつの課をまとめる課長として、責任ある業務を任せてもらっています。

オンもオフも全力投球!
夢中になれる天職との出会い

アディーレにご相談にいらっしゃる方は、一人ひとり、抱える問題や求めるニーズが異なります。どういったサービスを提供すべきか考え、実際に企画・実行していくことは、やりがいも大きいですが、大変だと感じることもあります。お客さまのニーズに応えるために、まずは、お客さまのことを深く知る。問題解決の糸口を探るべく、直接お客さまと接する機会の多い弁護士や事務員から、細かくヒアリングするようにしています。企画・実行に関しては、部署を横断して、大勢の人たちとの調整が必要になるため、関係者との密なコミュニケーションが必要不可欠です。

私自身のことをお話すると、休日は2人の娘と一緒に、公園で遊ぶことでリフレッシュをしています。日陰の多い公園をインターネットで探して、すこし離れたところまで自転車で出かけるのが最近のマイブームですね。また、体を動かすことも好きなので、フットサルやサーフィン、釣りを楽しむこともあります。きちんと休みを取得できる環境が整っているので、休日を充実させることが、毎日の仕事への活力になっていると感じます。

私は、人の役に立つことができる「法律事務」が好きなので、今の仕事は自分にとっての天職だと思います。せっかく夢中になれる仕事に出会えたので、某ドラマの名台詞よろしく、“施されたら施し返す、恩返しだ!”ができるよう、日々努力し、成長して、「ひとりでも多くの方の役に立ちたい、力になりたい」と考えています。これからも、好きな仕事と大切な家族に時間と情熱をそそぎ、幸せな人生を歩んでいきたいです。

小林 洋文 の一日のスケジュール

  • 10:00

    メール・スケジュール確認

    まずはメールを確認し、対応事項があればタスクに追加していきます。その後、タスクに優先順位をつけ、当日のスケジュールを決めます。

  • 11:00

    前日の実績確認と数値共有

    交通事故被害、労働トラブルといった各ドメインの前日までの受電数や受任数の実績を確認し、担当部署に数値の共有を行います。

  • 12:00

    施策立案や運用策定

    午前中は頭を使って考える仕事をするようにしているので、数値分析や施策立案、業務の効率化を図るための運用策定などを行います。

  • 14:00

    ランチ

    混雑する時間を避けて、サンシャインシティ近くのお店でランチ。1人が多いですが、上司や課員、他部署のメンバーと行くことも。

  • 15:00

    会議や電話連絡

    さまざまな部署との連携や調整が必要となるため、打ち合わせが多くあります。最近はコロナの影響で、Web会議も増えました。

  • 16:00

    業務状況の把握

    業務の進行状況を確認し、課員からの問い合わせに対応します。状況に応じて業務の分配を行い、滞りなく進められるよう管理します。

  • 18:00

    業務の振り返り

    自身のタスクの進行状況を確認し、新たに追加になったものや完了したものを整理。あらためて先のスケジュールを組み直します。

  • 19:00

    帰宅

メッセージ

応募者のみなさんへ

事務所名のとおり、「身近な」法律事務所を目指しているので、お客さまとの距離も近いですが、事務員と弁護士の距離も近いです。気軽に相談することができ、気難しくて話ができないなんてことは、アディーレではありえません。ハードな面もありますが、ほかの仕事よりも「人の役に立てている」という実感を、よりはっきりと味わうことができるでしょう。

「誰かのために働きたい」と考えている方、やりがいを感じたい方、法律事務未経験でもぜひ応募してみてください。アディーレは研修制度もしっかりしており、未経験者でも安心して働くことができます。新しい仲間と、これから共に働けることを楽しみにしています!