「一人でも多くの方の助けに」 全国展開だから成せること

事務員
西廣 暁美Akemi Nishihiro
顧客法務部 債務・任意整理管轄 債務統括課 応訴チーム

大規模な事務所ならではの
強みと可能性を実感

「人の役に立ちたい」との思いから大学で法律を学んでいた私は、就職活動のとき、誰かの助けとなれるような仕事を探していました。そんなときに出会ったのが、アディーレです。法律事務所は数多く存在しますが、アディーレは全国展開をしており、より多くの方をサポートできると考えたこと、当初抱いていた“お堅い”イメージとは異なり、依頼者の方にとって身近で、一人一人に寄り添った仕事ができる場所であると、事務所説明会を通して感じたことから、新卒での入所を決めました。また、現在は池袋本店で働いていますが、私の実家は静岡県にあり、「将来的には地元に戻りたい」という思いがあります。アディーレは全国に支店を持ち、自身や家庭環境の変化に合わせた、多様な働き方が実現できる可能性を感じた点も、入所を決意した理由の一つです。

現在は、顧客法務部・債務統括課の応訴チームに所属しています。返済が困難となり債権者から訴えられてしまった依頼者の方に代わって、弁護士が訴訟対応や和解交渉を行いますが、そのサポートをするのが私の主な役割です。訴訟で“敗訴”となった場合は、財産が差し押さえられてしまうこともあるなど、生活に大きな影響を与えかねないため、依頼者の方の人生に関わる重大な仕事なのだと日々実感しています。

訴訟期日の調整や案件の進捗管理については、弁護士の先生方と協力しながら進めていきます。特に複雑な案件を扱うときは、最適な進め方をご提案できるように、弁護士に相談してアドバイスや指示を仰ぐこともあります。依頼者の方、一人一人によってご事情が違うため、臨機応変に、そして責任感を持って、業務に取り組むことが大切ですね。

信頼関係を築くことで、
ベストな解決策をともに模索

入所当時は、債務整理に関する面談のサポートを行う部署に所属しており、来所されたお客さまと実際に対面しながらお話することがほとんどでした。一方で現在の部署では、電話や書面、メールでのやり取りがメインなので、互いの表情が見えないなかで依頼者の方のご意向を引き出すこと、その期待に応えることの難しさを身にしみて感じます。

債権者から訴えられて不安が募るなか、勇気を出してアディーレに依頼してくださった方も多くいらっしゃいます。そんな方々に対して、私には何ができるのか。そう考えたとき、まずは、依頼者の方にご安心いただくことが重要だと気づいたんです。そこで、スムーズなご案内ができるよう、依頼時に伺ったご意向や現在の状況を何度も確認しながら、案件を進めることを意識しました。また、収入や生活環境の変化、それに伴うご意向の変化もあるため、先入観を持たずに都度依頼者の方にご連絡し、できる限り不安の解消に努めました。加えて、依頼者の方がご自身の気持ちを打ち明けやすくなればと思い、言葉選びや声のトーン、抑揚など話し方にも配慮しました。その結果、依頼者の方と信頼関係を築くことでき、ベストな解決策を一緒に見つけられるようになったと感じています。担当業務によって、それぞれにやりがいも難しさも異なりますが、さまざまな部署や業務で経験を積みながら、さらなる成長を目指していきたいですね。

仕事をするなかで喜びを感じる瞬間は、やはり依頼者の方から感謝の言葉をいただいたときでしょうか。解決に至ったあと、「アディーレを選んでよかった」とお電話で言っていただいたことがあり、そのとき改めて、自分の仕事に誇りが持てました。

西廣 暁美 の一日のスケジュール

  • 09:00

    メールチェック等

    メールおよび、弁護士へ申請した決裁の承認状況を朝一で確認。急ぎの案件に関する決裁が下りていれば、優先的に対応します。

  • 10:00

    書類郵送準備・確認連絡

    さまざまな書類を扱うので、ミスのないよう注意しながら郵送を手配。裁判所・債権者など各所への確認連絡も合間で行います。

  • 12:00

    依頼者対応

    連絡が取りやすい時間をねらって依頼者の方へ電話し、意向確認等を行います。折り返し連絡を受けるのも、この時間帯が多いです。

  • 13:00

    ランチ

    依頼者対応が落ち着いたあと、タイミングを見計らって昼休憩へ。他部署の同僚と一緒にランチへ行くこともあります。

  • 14:00

    進捗確認・和解交渉のサポート

    必要に応じて弁護士の指示を仰ぎながら、裁判所・債権者・依頼者の方とやり取りをして、進捗確認や和解交渉のサポートなどを行います。

  • 17:00

    業務の振り返り

    対応漏れがないか確認しつつ、自身の保有案件を整理。対応に悩むものは弁護士や上長へ相談するなどして、翌日の業務に備えます。

  • 18:00

    帰宅

メッセージ

応募者のみなさんへ

法律事務所への応募は、法律知識やパラリーガルの経験がない方からすると、大きな挑戦に思われるかもしれません。しかし、私のように、「人の役に立つ仕事がしたい!」、「日常ではなかなか関わることのできない、弁護士の皆さんと一緒に働いてみたい!」という単純な興味がきっかけで入所し、その後、仕事にやりがいを見出せたという所員も少なくはないと思います。

アディーレには優しく親切な同僚が多く、入所後の研修制度も整っています。もし少しでも興味があるという方は、勇気を出して、ぜひご応募いただければうれしいです!