様々な世代がいますので
刺激を受けながら
仕事に励むことができます。

弁護士
吉田 壮一Souichi Yoshida
家事ドメイン

アディーレを選んだ理由

採用担当の弁護士が、入所および二回試験にあたり親身に相談に乗ってくださったことが、入所の決定打となりました。

事務所説明会に応募したのは、「年齢不問」という案内メールがきっかけでした。私は年齢が高いことを少し気にしていたので、本当かどうか確かめようと事務所説明会に参加したところ、「年齢不問」はその通りでした。そこで、アディーレに興味を持ち、事務所説明会で採用担当の弁護士にたくさん質問したところ、日を改めて事務所見学を開いていただくことになりました。

後日、マンツーマンでの事務所見学を終え、ランチを食べながらアディーレについてさらに質問をしました。採用担当の弁護士との談話の中で、アディーレの採用方針が「人物重視」だと知り、採用面接では「自分という人間」を知ってもらえるようにしました。具体的には、一見すると不利な要素になりうる、自分の「年齢」や「経歴」について、不遇な経験をしたからこそ依頼者に寄り添うことができるのだと説明しました。採用面接で、ことさら自分を飾り立てることなく、ありのままを表現できたのは、採用担当の弁護士と話す中で、アディーレの求める弁護士像を発見できたからだと思います。

 

アディーレから内定をいただいた後も、採用担当の弁護士に二回試験のことや入所後のことなどを相談しました。そのおかげで無事に二回試験も突破でき、入所後も不安はありません。

弁護士になった今も、「何かあれば採用担当の弁護士に相談」、というのは変わりません。親身に相談に乗ってくださる先輩弁護士の存在は、入所先選びで重要な要素だと思います。

前事務所との比較

私は以前、小規模な法律事務所で事務員として働いていました。その経験から言えば、まずコールセンターがあることがアディーレで働くうえで最大の魅力です。事務所には依頼者・相手方だけでなく、営業の入電も多く、意味のない電話に弁護士が対応する必要がなく快適です。人員が少ない法律事務所だと、コアタイム以外は留守番電話に切り替わることが多いため、依頼者にとってもコールセンターがあることは、大きなメリットなのです。

ペーパーレス化が進んでいることも働きやすいポイントです。地方支店にヘルプに行っても支店のパソコンで通常業務を行えますし、帰宅後も社用携帯からある程度のファイルやメール等の確認ができます。いつでもどこでも一定レベルの仕事ができることは、依頼者満足につながるだけでなく、確実な案件管理、すなわち自分を守ることにもつながると思います。

大規模な事務所なので、相談できる弁護士が多いことも魅力の一つです。先輩弁護士も、同期入所の弁護士もどちらも多いので、質問内容によって相談相手を選ぶことができます。何もかも先輩弁護士に質問するのは、場合によっては心苦しいこともあります。気軽に同期に相談できる環境、これは大規模事務所ならではの大きな魅力だといえます。

メッセージ

修習生にメッセージ

私と同期入所の弁護士は、社会人経験者が多いです。私は現在40代ですが、同世代の同期もいますし、私よりも年上の同期もいます。もちろん年下の同期もたくさんいます。世代に偏りがないので、司法修習中の内定者の懇親会や入所後の新人研修中も、とても楽しく過ごすことができました。ときに若い世代から刺激を受け、ときに同世代と和む。とてもバランスよく過ごせています。世代が偏る職場だと、肩身が狭くなったり緊張感がなかったりと、働きにくい職場環境になってしまうと思いますが、その点アディーレは様々な世代がいますので、バランスよく、適度に刺激を受けながら仕事に励むことができます。

社会人経験者であれば、誰しも少なからず人間関係で苦労した経験をお持ちかと思います。所属弁護士が少ない事務所であれば避けられぬ人間関係ですが、アディーレは大規模事務所であり、かつ風通しが良い職場です。中堅の弁護士だけでなく、若手弁護士も責任ある立場で活躍しており、人間関係の重苦しさは感じません。社会人経験者の方、アディーレで一緒に働きましょう!年齢や経歴は関係ありません。お待ちしています。