「中内さんが担当でよかった」
そう言ってもらえる存在に

事務員
中内 菜緒子Naoko Nakauchi
家事事件部 交渉課 2020.2.1入所

“知識ゼロ”からのスタート
やりがいと責任を日々実感

私は、家事事件部・交渉課に所属しています。主な業務は、不貞行為をした配偶者の不倫相手、もしくは元配偶者への慰謝料請求事件と、その逆で、既婚者と不倫をしてしまい、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求された場合の減額事件の対応です。相手方との交渉は弁護士が行いますが、依頼者の方と弁護士をつなぐ窓口となり、依頼者の方に交渉の進捗報告やご意向確認を行うのが、私の役割です。そのほかに、相手方へ送付する書面作成のお手伝いや、案件の管理なども行っています。所内のシステムを使って指示をあおいだり、ときには内線で相談したりするなど、弁護士と細やかなコミュニケーションを取りながら、二人三脚でひとつの案件を進めています。

アディーレに入所する以前は、動物病院や保険会社に勤めており、法律の知識はまったくありませんでした。「今までに関わったことのない職種・業界で働いてみたい」と考え、アディーレの求人情報を見ていたところ、仕事内容に「電話応対や書面作成、スケジュール管理」の一文を見つけ、「これなら未経験の私でも、自分のスキルを活かして働けそうだ」と思いました。また、法律関係の仕事に対して興味が湧き、「面白そうだな」と感じたことも、アディーレに応募した理由のひとつです。

実際に入所してみて、自分が所持する案件は、自分で管理しなくてはいけないという点に、やりがいと責任を感じています。法律事務の経験がない中でのスタートだったので、正直不安もありました。ですが、研修制度やOJTが充実していたこと、そして、何より先輩方が親身になって教えてくださったことが、私の不安解消につながりました。

“弁護士にも依頼者の方からも
頼りにされる事務員”を目指して

ひとつずつ、案件をこなしていくたび、「次はどうすればいいのか?」「これは依頼者の方に説明しておいたほうがいいだろうな」と先を考えて動くのが、楽しいと思うようになりました。その一方で、弁護士の見解と依頼者の方のご意向とが合わず、こちらのお伝えする内容になかなか納得していただけないときに、“伝えること”の難しさを感じています。依頼者の方のご意向やお気持ちに寄り添いつつも、リスクなど伝えるべきことはきちんと伝え、一緒に話し合い、相談しながら進めていく。そのバランスが大事だと考えています。

以前、交渉がうまく進まず、合意締結まで難航した案件がありました。最後に依頼者の方へお電話したとき、「中内さんにご迷惑をおかけしてしまったが、いろいろと相談に乗ってもらい、本当に助かった。ありがとう。」と言っていただき、とても嬉しかったことを覚えています。今までの苦労が報われた瞬間でした。

まだ未熟な私ですが、ゆくゆくは、“弁護士にも依頼者の方からも頼りにされる事務員”になりたいです。ご相談いただく案件は、一口に「不倫」と言っても、一つひとつ内容が違いますし、相談者の方の状況もさまざまです。たとえば、電話をするにも、「穏やかなトーンがいいのか」「フランクな雰囲気がいいのか」「端的に話したほうがいいのか」と、相手によって、その都度対応を考えながら話しています。依頼者の方とは、合意締結までの数ヵ月間お付き合いするため、よい関係を築けるよう、些細なことにも注意を払いたいですね。「中内さんが担当事務員でよかった!」と言ってもらえるような存在を目指して、今後も多くの案件と向き合いながら、日々精進していきたいです。

中内 菜緒子 の一日のスケジュール

  • 10:00

    メールチェック

    出勤したらまずは、メールのチェックを行います。依頼者の方からのメールは、内容によっては弁護士へ確認してから返信します。

  • 12:00

    確認書類・合意書の郵送

    大切な書類なので、書面や封筒の宛名をダブルチェックしてから発送。その後、依頼者の方へ書面を発送した旨をメールで報告します。

  • 13:00

    依頼者対応

    お昼頃は電話がつながりやすい方が多いので、これくらいの時間帯に依頼者の方への進捗報告やご意向確認のご連絡をします。

  • 14:00

    ランチ

    お弁当の日は、休憩スペースで食事をします。サンシャインシティの中には飲食店がたくさんあるので、気分転換に外食をする日も。

  • 15:00

    書類作成、依頼者対応

    依頼者の方からの電話・メール対応や、各種書類の作成・送付など、担当弁護士と連携しながら、さまざまな業務を進めます。

  • 19:00

    帰宅

メッセージ

応募者のみなさんへ

「法律事務所」と聞くと、難しく、堅苦しいイメージがあるかもしれません。しかし、アディーレの弁護士には話しやすい先生が多く、一緒に仕事を進めていく中で、困ったり悩んだりしたときは、分かりやすく教えてくれます。また、事務員の皆さんにも気軽に相談できるので、未経験スタートだった私にとっても、働きやすい環境だと感じています。今までに自分が関わったことのない、聞いたことのない言葉に触れる機会も多いですが、とても勉強になりますね。

「未経験だから」「法律の知識がないから」と心配しなくても大丈夫です。すこしでも興味が湧いたら、ぜひチャレンジしてください!